top of page

日程

2024年11月1日(金)~11月11日(月)

場所

SHUTL(シャトル)
〒104-0045 東京都中央区築地4丁目1−8

コンセプト

ジャン・ボードリヤールは、著書『シミュラークルとシミュレーション』の中で、オリジナルなきコピーを「シミュラークル」と定義し、現代を「シミュレーションのシミュラー
クル」の時代としました。
つまり、現代の大量生産・消費社会にはオリジナルがなく、すべてが最初から複製として生まれ、その循環のみによって存在しているということです。
私たちは長年にわたり、映画やMV、TVCMや屋外広告などにおける立体造形の制作に従事してきました。
これは主に大衆娯楽であり、人々にエンターテイメントを届ける一助を担っています。
そして、この大衆娯楽もまさにシミュラークルであり、その世界にオリジナルは存在しません。
消費者の欲求に対して、先行作品の模倣や組み替えによって新しい虚構世界(シミュラークル)が絶え間なく作り出されています。
これは消費社会のシステムの維持・再生産のために不可欠なものであり、そのおかげで戦後日本の大衆文化は大きく発展を遂げ、敗戦によって一度は途絶えた
日本の信仰や伝統は形を変えて受け継がれていきました。
しかしこの継承はシミュラークル(記号化されたコピー)であり、本来の意味やイデオロギーは薄れ、表面的なイメージだけがひとり歩きしている状態ともいえます。
さらに、現代の消費社会では、ストリーミングやSNSの普及により、大量のコンテンツが氾濫し、ますます消費は加速し、その価値は相対的に低下しています。
その中で一つ一つのものと向き合うことは難しく、表層だけを消費するか、情報を受け流すことが当たり前となっており、本来の意味やメッセージはより希薄なもの
となっています。
ここではもはや作家性は重要ではなく、いかに簡潔で明瞭な虚構を素早く作り出せるかが重要となってきているのです。
名のある作家以外は交換可能であり、そこに唯一性はありません。
この状況下で、大量消費社会のシステムに深く取り込まれている私たちには、アウラの消失もキッチュも否定することができません。
しかし、今回改めて私たちがそれを生み出す中で培った技術、表現方法、マテリアルを利用し、新しい文脈で提示することで、その概念を再定義します。
消費を促すための一過性のそれには、かつての信仰や民間伝承、日本の伝統や文化が内包されていて、じっと眼差しを向ければ、見逃してはならない重要なメッ
セージや意味を見つけることができるはずです。
消費社会のスピードに飲み込まれずに、時には立ち止まって対象と向き合い、さまざまな角度から読み解いてみてください。
今回の展示は、一過性のポップカルチャー、エンタメを肯定しながら、これまで消費を促すための記号(Sign)だったモノに、別の意味(シニフィエ)を付与し、価値
観の見直しを試みたいと考えています。
これが変化の兆し(Sign)になることを願っています。

展示内容

Acxyz Creativのスタッフが、それぞれ作家として合計15点前後の作品を展示します。
これまでにも個々で作家としての活動をしておりましたが、今回の作品はほぼ全てが、この展示に向けた新作となります。
基本的に全て立体作品ですが、それに付随する平面作品や映像作品も展示します。
大量生産や大量消費、虚構世界に焦点を当て、Acxyz Creativがこれまでに培ってきた技術力や表現力を最大限に発揮し、それらが現代に
もたらしたもの、私たちに与えた影響について考えます。
同時に、商業美術の中では裏方として名前が出ることもほとんど無く、直接的に作品を鑑賞してもらう機会がなかったため、今回の展示は弊社
のさまざまな技術や表現の幅を見せる展覧会となり、会社としてのコンセプトを伝える機会にもなります。
さらに今回は、3名のアーティストにお声がけし、コラボレーションという形で他の作品とは異なるアプローチも試みます。

Team

Dedication. Expertise. Passion.

This is your Team section. It's a great place to introduce your team and talk about what makes it special, such as your culture or work philosophy. Don't be afraid to illustrate personality and character to help users connect with your team.

お問い合わせ

送信が完了しました

bottom of page